見積もり時の交渉と自分での荷造りが引越し費用を安くする

ロゴ

Living alone

安い費用で引越しする

一人暮らしで新居が決まったあとに必要なことといえば、引越し準備です。新居探しや契約でお金を使ったから引越しは安い所でと考えている人も少なくないでしょう。引越し業者には地域密着のものと全国に拠点がある大手の業者があります。安くすませるためにはどちらが良いのかを考えましょう。費用を抑えるために便利屋を利用するという人もいますが、やはり引越しのことは専門の引越し業者に依頼する方が得策だといえます。便利屋には不用品の処分を依頼したり家の掃除といった引越し準備をお願いして、当日は引越し業者に依頼するといいでしょう。大阪の便利屋を利用することで、引越しのオプション代金をいくらか節約することはできます。

地域密着の引越し業者と大手の業者の特徴を知る

大手の引越し業者

全国に拠点があるため、比較的安い費用で遠くへ荷物を運ぶことができます。ただ、年末年始や新年度などの繁忙期は予約で一杯になることがあるでしょう。

地域密着の引越し業者

地域密着の引越し業者は、細かく親切な対応を行っているところが多いようです。いろいろな交渉をすることができ、費用が格安になる可能性もあるでしょう。

引越しの費用を抑えるためにできることを探そう

ダンボールと人形

複数の業者で見積もりをする

引越し業者をなかなか決められない場合は、複数社で見積もりを行うといいでしょう。一括で見積もりをするサイトもあるのでそういったところを活用します。受付をすると、各引越し業者から連絡があり、訪問して見積もりを行ってくれるでしょう。一番安い所、丁寧な説明をしてくれる所などの特徴を知ることができます。

トラックの模型と荷造り道具

引越し費用を安くするなら

遠いところから東京や西宮へ引っ越すという場合、少しでも費用を安くできる方法がないか引越し業者に相談してみましょう。プランによっては、引越し費用が下がる可能性があります。例えば、荷造りを自分で行い、積み込む作業を手伝うことで費用が安くなることもあるのです。見積もりの際にこういった交渉をしてみると良いでしょう。

引越し作業前の荷造りについて確認しよう

婦人

家具や家電は新居で揃える

遠方に引っ越すという人は、家具や家電を新居で購入したほうがいいでしょう。大きいものは移動させるよりも新しく買うほうが結果的にリーズナブルになることがあります。

使わないものからダンボールに入れる

引越しの荷造りをするときは、今使っていないものから入れていくといいでしょう。季節外れの服や布団、押し入れの奥にあるものから閉まって片付けていきましょう。

ダンボールの大きさで入れるものを分ける

大きなダンボールはたくさんの物が入るので便利ですが、入れるものによってはかなり重たくなって運びにくくなってしまいます。本のように重くなるものは小さいダンボールに入れましょう。

何が入っているかわかるようにする

ダンボールに荷物を入れてしまうと、後から何が入っていたのかわからなくなってしまうことがあります。ダンボールの見える部分に何が入っているのか書いておくといいでしょう。

単身者の引越し料金相場

単身で引っ越すプランは、およそ3万円から6万円が相場となっています。もちろん、これは荷物を移動する距離や引越し業者によっても異なってくるでしょう。自分ができる範囲で事前準備をしっかり行って費用を抑えましょう。

交渉や準備で費用を安くすることができる

引越し費用を抑えるためには、見積もりをするときに交渉したり、自分で行える範囲の準備をしっかり行うことが大切です。

広告募集中